最新情報

インプラント治療について最新情報や患者様に役に立つ情報を発信していきます

インプラントの安全性について

2020/09/04
歯の模型とレントゲン

インプラント治療をお考えの中で安全なのかどうか不安に思われる方は多くいらっしゃると思います。
インプラント治療は、骨に穴を開けてそこに専用のネジを埋め込む手術になります。
誰もが、これを聞くと不安になったり、安全なのか気になると思います。
そこで今回は、インプラントの安全性についてまとめます。

インプラントは誰でも安全に治療できるの?

インプラント治療は、残念ながらどんな方でも治療できるという訳ではありません。

例えば持病をお持ちの方、糖尿病の方、高血圧な方、骨粗鬆症、歯周病と様々な原因でインプラントの治療が難しい場合があります。

インプラントは治療期間もかかり、リスクを伴う大きな手術になります。

仮に手術ができたとしても、後から何らかのトラブルが発生してしまったり、持病が悪化してしまうリスクもあります。

なので、安全性を考えた上で医師に相談をし、インプラント治療の前に予め、治療をする必要があります。

手術にリスクはないの?

インプラントは歯を失われた方にとって、元の自分の歯のように自然に食べることができる晴らしい治療方法ではありますが、100%安全とは言い切れません。

例えば、インプラントを埋め込む際に下顎の歯の下の方には、下顎管という管状のトンネルがあります。

そこを下歯槽神経と下歯槽動脈・静脈が通っています。

下顎管は細いトンネルなので、下顎骨が折れたり、抜歯の際に歯根部に圧迫されたり、インプラントを埋め込むため際にドリルで穴をあけた時に圧迫されたりすると下歯槽神経と下歯槽動脈・静脈は損傷する可能性があります。
下歯槽神経が損傷してしまうと、唇などの麻痺が起こる場合があります。

神経が治るのにも時間がかかってしまい、治療期間が伸びてしまうこともあります。

また上顎の骨の治療の際にも鼻腔底および上顎洞に穴をあけてしまう可能性がまれにあります。

その場合には、他に埋めることが可能な場所にインプラントの穴を空けることになります。

ですが、このようなことにならないためにも、治療に入る前にしっかりとお客様の歯の現状を確認させて頂き手術のご説明をしっかりとさせて頂きます。

 

まとめ

インプラントは歯を失った方に対して今ある健康な歯を削ったり、他の歯に負担をかけない素晴らしい治療ですが、やはり100%安全ではありません。

持病をお持ちの方や歯周病、骨粗鬆症の方に対して手術が難しい場合もあります。

また手術の際にも上記でまとめた通りにリスクもあります。

ですが、事前にしっかりと現在の歯の状況やお身体の状態を確認をさせて頂ければ、安全な治療が可能です。

なのでインプラント治療に関しても安全面を第一に考え、手術をさせて頂きますのでインプラント治療をお考えの際は、わたなべ歯科クリニックにご相談ください。

■■□――――――――――――――――――――□■■
静岡市でインプラントなら
わたなべ歯科クリニックへ
【電話番号】
0120-824-170【住所】
静岡県静岡市葵区松富2丁目1-56
【アクセス】
静岡駅より
車で約15分
バスで約25分
【診療時間】
月~金:9:00-12:30 14:30-18:00
土曜日:9:00-13:00 14:00-16:30
【休診日】
日曜日 祝祭日 木曜日