インプラントのリスクについて

2020/07/13
患者の情報を見る先生

持病をお持ちの方のリスク

インプラント治療は身体に負担が、かかる治療方法になります。
普段から健康な方であれば、何の問題もなく、安心して手術を受けられますが全身疾患の持病がある方や糖尿病、心臓疾患、高血圧、骨粗鬆症、歯周病をお持ちの方は事前に医師にご相談の上で適切な判断をもらいましょう。
インプラント治療は持病をお持ちの方にとってはリスクを伴いますし、大きな手術になります。
仮に手術ができたとしても、後から何らかのトラブルが発生してしまったり、持病が悪化してしまうリスクもあります。
それぞれの全身疾患や持病別にご説明ができればと思います。

糖尿病をお持ちの方

糖尿病は糖を分解できずに尿から出てしまう病気になります。
糖尿病になってしまうと血糖値が高くなり、全身にさまざまな病気を引き起こしてしまうことがあります。
糖尿病の方でインプラント治療をお考えの方は、医師に相談をしてから判断をもらい、治療を行います。
糖尿病の方は健康な方に比べて免疫力が下がり、傷が感染しやすくなってしまったり、傷の治りが遅くなってしまったりもします。
なので手術前後の感染予防をしっかりと行い、血糖値がコントロールされていれば、インプラント治療を受けられますが事前に必ずご相談ください。

心臓疾患、狭心症、心筋梗塞をお持ちの方

インプラント治療は麻酔を行いますので麻酔を使用することができない場合は、インプラントの手術をすることができません。
狭心症の方は最近の1ヶ月~2ヶ月の間に発作がないかどうかの確認と発作がある場合でも軽度であれば、インプラント治療を受けられますが、発作の頻度が増えている場合は避けられたほうがいいです。
また心筋梗塞の方は発作後の6ヶ月以上経過し、特に以上が無ければ可能です。
心臓疾患や狭心症、心筋梗塞をお持ちなら、まずは一度、医師にご相談ください。

高血圧の方

インプラント治療をされる際に成人の方で最高血圧が160mm以上、最低血圧が95mm以上のいずれか、あるいは両方の場合は手術中に血が止まりにくい傾向がありますので、まずは高血圧の治療を優先にしております。
また手術のストレスで血圧が上昇する可能性もあり、血圧の上昇はさまざまな合併症を引き起こすことがありますので、高血圧の方は医師にご相談ください。

骨粗鬆症をお持ちの方

インプラント治療は骨としっかりと結合することで強度を保つことができる手術ですが、骨の密度が低い方や骨の量が少ないと失敗してしまうリスクがありますので、まずは骨の再生治療をする必要がある場合があります。
また骨粗鬆症の方でビスフォスフォネート系薬の服用をしている方は、抜歯やインプラント治療を行うと、骨が壊死する恐れがありますので治療期間や服用期間など、しっかりと医師にご相談しましょう。

歯周病をお持ちの方

歯周病は歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、歯がグラグラして抜けてしまう病気ですので重度の歯周病の状態でインプラント治療をしてしまうと、失敗のリスクや抜けてしまうリスクもあります。
なのでまずは歯周病の治療を行い、歯周病が治れば、インプラント治療は可能ですのでまずは一度、医師に相談していただければと思います。

まとめ

インプラントは歯を失った方に対して自分の歯のように自然に食事をすることができたり、現在の健康な歯を削ったりもしない、素晴らしい治療ですが、どんな治療にもリスクは伴うものです。
なのでインプラント治療をされる際はしっかりとご自身のお身体の状態についてご相談頂ければと思います。
安心・安全な治療ができればと思いますのでインプラント治療をお考えなら、わたなべ歯科クリニックにご相談ください。

■■□――――――――――――――――――――□■■
静岡市でインプラントなら
わたなべ歯科クリニックへ
【電話番号】
0120-824-170【住所】
静岡県静岡市葵区松富2丁目1-56
【アクセス】
静岡駅より
車で約15分
バスで約25分
【診療時間】
月~金:9:00-12:30 14:30-18:00
土曜日:9:00-13:00 14:00-16:30
【休診日】
日曜日 祝祭日 木曜日
■■□――――――――――――――――――――□■■