インプラントのメインテナンスについて

2020/07/06
歯ブラシを持つ女性

インプラントはしっかりとメインテナンスや普段からの適切なケアをしなければ、早い段階でダメになってしまう可能性があります。
患者様はよく、人工の歯だから特に何もしなくても大丈夫なんじゃないかと思われている方が多くいらっしゃいます。
ですが、実際に大切なのはインプラント治療後のメインテナンスやケアになります。
そこでメインテナンスを行わないとどうなってしまうのか、お伝えできればと思います。

メインテナンスの重要性について

インプラントは手術して入れた歯が折れたり、欠けたりしない限りは半永久的に持ちます。
またインプラントは人工の物ですから、虫歯になることもありません。
ではメインテナンスやケアをしないと、どうなってしまうのでしょうか?
まず、歯がダメになって抜けてしまう原因は大きく2つあります。
一つは虫歯でもう一つは歯周病が原因になります。
インプラントは虫歯にはなりませんので注意をしなければいけないのは歯周病です。
歯は歯茎が支えていると思われている方が多いと思いますが、実は歯槽骨(しそうこつ)という骨が支えていて歯周病はこの骨を溶かしてしまう病気です。
歯と歯茎の隙間にばい菌がたまり、そのばい菌がどんどん増えて骨を溶かしてしまうと、歯がグラグラして抜けてしまったり、お口の中から悪臭が出てきます。
これと同じようなことがインプラント治療をした歯にも起きてしまいます。
インプラント治療は骨としっかりと結合させることで固定されますのでその骨が溶けてしまうとインプラント治療で入れた歯も抜けてしまいます。
これをインプラント歯周炎と言います。
ですので、定期的なメインテナンスや普段からのケアとして歯磨きを心掛けて頂ければと思います。
 

メインテナンスの方法について

インプラントのメインテナンス方法については普段からの正しい歯磨きと専門医による定期検診にになります。
まず歯磨きに関してはインプラント治療で入れた歯はもちろんですが、健康な歯を保つためにもとても重要です。
歯磨きをしっかりと普段から行うことでお口の中の健康を保ち、インプラントや健康な歯を長持ちさせられます。
特にインプラントは入れ歯と違い、取り外して洗うことができず、また歯茎との隙間に汚れが溜まりやすいので毎食後の歯磨きをして頂ければと思います。
そして定期検診もとても重要です。
インプラントがダメになってしまう主な原因に関しては上記に記載をしました、インプラント歯周炎です。
普段から気をつけていても、インプラントは神経がありませんので気づいた時には悪化してしまっていることがあります。
ですので、インプラント歯周炎になる前に定期的な検診でインプラントや歯茎の状態が確認できればと思います。
また、骨の状態や噛み合わせのチェックや普段からのケアのアドバイスなどもさせて頂きます。

まとめ

インプラントもメインテナンスや普段からのケアをしっかりと行わないとインプラント歯周炎になってしまい、歯が抜けてしまうこともあります。
なので、毎食後の歯磨きを行って頂き、定期的に専門医による定期検診もとても大切です。
 

■■□――――――――――――――――――――□■■
静岡市でインプラントなら
わたなべ歯科クリニックへ
【電話番号】
0120-824-170【住所】
静岡県静岡市葵区松富2丁目1-56
【アクセス】
静岡駅より
車で約15分
バスで約25分
【診療時間】
月~金:9:00-12:30 14:30-18:00
土曜日:9:00-13:00 14:00-16:30
【休診日】
日曜日 祝祭日 木曜日
■■□――――――――――――――――――――□■■