歯茎の移植手術について

2020/06/29
歯を抑える男性

歯茎の移植手術は歯茎・歯肉が下がってしまったり、ボリュームが無くなってしまった時に行われる治療です。
またこの治療はインプラント治療の時にも行われることがあります。
理由としてはインプラント治療のリスクを減らすことや長く持たせること、見た目を良くするために行うことがあります。
移植手術にも種類があり「遊離歯肉移植術」と「結合組織移植術」がありますのでご案内を致します。

遊離歯肉移植術

手術の内容に関しては歯肉を採取し、やせている歯肉に移植し、縫合し固定をする手術になります。
歯肉退縮により、歯肉が痩せてしまったり、薄くなってしまった状態を防ぐために行われる治療方法になります。
またインプラント治療を行った歯の周りの角化歯肉( コラーゲン繊維に富んだ固く動かない歯肉)がない場合、歯を磨くことも困難になり、炎症を起こしやすく、インプラントも長持ちしなくなってしまいます。
 

結合組織移植術

歯茎が下がってしまったり、痩せてしまっている場合(審美領域)において、歯肉のボリュームを増すために歯肉の厚い部位から結合組織のみを切り取り、歯肉が薄い部位の内部に移植する方法です。
結合組織移植術により、下がってしまった歯茎やボリュームが無くなってしまった歯肉を健康な状態に戻し、審美的にもインプラント治療をされたあとの長持ちにも繋がります。

まとめ

歯茎の移植手術はインプラント治療を行う場合により安全にリスクを減らし、審美や長持ちをさせるために歯茎の治療を行うことがあります。
主に歯茎の移植手術には「遊離歯肉移植術」と「結合組織移植」の2つがあり、インプラント治療を安全に安心して行うためにも患者様のお口の状況をしっかりと確認をさせて頂き、患者様一人ひとりに合わせてより良いご提案を致します。

■■□――――――――――――――――――――□■■
静岡市でインプラントなら
わたなべ歯科クリニックへ
【電話番号】
0120-824-170【住所】
静岡県静岡市葵区松富2丁目1-56
【アクセス】
静岡駅より
車で約15分
バスで約25分
【診療時間】
月~金:9:00-12:30 14:30-18:00
土曜日:9:00-13:00 14:00-16:30
【休診日】
日曜日 祝祭日 木曜日
■■□――――――――――――――――――――□■■